車を輸送する手段は?

| 未分類 |

宅急便というのを利用する方も多いと思いますが、その海外版が国際宅急便です。
安全で確実に届けるための宅配会社は発送先の国や届けたい荷物の内容によって発送方法を使い分けるここが上手な使い方といえましょう。

 

 

では、それほど大きな荷物で無い場合、民間の宅配会社でもよいと思いますが、車のような大きなものはどのような搬送方法がよいのでしょう。
費用だけでなく安全で確実に届くための輸送方法を知る必要があります。

 

 

因みに、中古車を輸出先に搬送するには一般的にRORO船もしくはコンテナ船の2つの方法があります。
RORO船とは、車を効率よく搬送するために自動車が自走して船内に格納できる船のことです。
一般的に用いられる搬送方法です。

 

 

その他に特別な事情がある場合はコンテナに中古車を詰め込んで輸出することになります。
メリットはRORO船が1台ずつしか積み込めないのに対して、コンテナ船何台かまとめて積み込めます。
その上、一旦コンテナのドアを閉めてロックしてしまうとバイヤーが開けるまで第三者がふれることはできないという安全な方法です。
但し、コストが割高になってしまいようです。

 

 

その他の搬送方法は色々ありますがバイヤーのリクエストに合わせて対応していきます。
輸出先や車両の台数などを考慮して、最適な搬送方法を選択しましょう。