中古車の一部は海外に輸出されることになります。日本に住んでいると中々分からないことではありますが、日本の自動車事情は世界的に見ても高い水準にあり、短い期間での車検制度が良い状態の車両を多く残している文化があります。そのため日本では相当に古い状態の中古であっても海外では十分な価値を持つというケースがあるのです。

 
なお、海外ではオートマチックの車よりもマニュアル車の方が人気が高いという傾向があります。これは修理のしやすさにも関係があります。オートマチック車のギアチェンジはコンピューターが管理しているため、故障した場合に修理をする際にある程度の制限がかかります。しかしマニュアル車であれば自動車の仕組みに精通していれば修理が可能なのです。その様な事情から海外に売却する場合はマニュアル車の方が価値が高くなる傾向もあります。
そもそも日本者は丈夫で壊れにくいというイメージがあり、実際に世界中でそのような評価を受けています。軽トラックの様な車両であれば世界中に需要があり、必要とする地域から多くの買い手が見つかります。そのため、メンテナンスに必要な技術が高くない方が商売がしやすいという傾向があります。国内で人気のハイブリッド車などはこの事情から海外では売りにくいのです。